メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性リンパ性白血病患者の初回治療としてibrutinibが著効

ASH2015で発表

 2015年12月15日 15:30
プッシュ通知を受取る

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

 米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのJan A. Burger氏らは,過去に治療を受けたことのない慢性リンパ性白血病(CLL)の高齢患者を対象に,ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬ibrutinibの有効性および安全性をchlorambucilと比較する国際オープンラベル第Ⅲ相ランダム化比較試験を実施した。Ibrutinib群はchlorambucil群に比べて無増悪生存期間(PFS)が有意に長く,疾患進行または死亡のリスクが84%低かったと第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5~8日,オーランド)で報告した。同試験の結果はN Engl J Med2015年12月6日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  慢性リンパ性白血病患者の初回治療としてibrutinibが著効