メニューを開く 検索を開く ログイン

心因への配慮で気管支喘息の根治を目指す

 2015年12月16日 15:35
プッシュ通知を受取る

 気管支喘息は,背景として心理的要因(心因),身体的要因,免疫学的要因などが複雑に関わり合って発症する多因性の疾患といわれる。久徳クリニック(名古屋市)院長の久徳重和氏は,心因に配慮した総合医学的な対応を行うことで,喘息そのものを根治できる可能性があると第20回日本心療内科学会総会・学術大会(11月21~22日,会長=盛岡友愛病院副院長・心療内科部長・千葉太郎氏)のシンポジウム「気管支喘息における治療ガイドライン時代の心身医療の意義」において発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  心因への配慮で気管支喘息の根治を目指す

error in template: found but mtif was expected