メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  花粉飛散量が少なくても患者は睡眠障害を訴える

花粉飛散量が少なくても患者は睡眠障害を訴える

2015年の花粉飛散期のアンケート結果・日本鼻科学会

2015年12月16日 14:10

2名の医師が参考になったと回答 

 川崎医科大学によると,同大学の地域では2015年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は平年の5〜6割と少なかった。そこで,同大学耳鼻咽喉科の兵行義氏らは,少量飛散年である同年3月の花粉飛散シーズンにおいて受診した未治療の花粉症患者を対象にアンケートを行ったところ,睡眠障害の可能性のある花粉症患者が16%に上り,鼻以外の症状もその睡眠障害の原因になりうることを,第54回日本鼻科学会総会・学術講演会(10月1〜3日,会長=広島大学大学院耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学教授・平川勝洋氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  花粉飛散量が少なくても患者は睡眠障害を訴える