メニューを開く 検索を開く ログイン

CMLのイマチニブ中止試験,5年後の無再発生存率は約4割に迫る

 2015年12月16日 10:30
プッシュ通知を受取る

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 慢性骨髄性白血病(CML)患者では,チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)投与を中止しても長期生存が得られる可能性が現実味を帯びる中,フランス・Institut BergoniéのGabriel Etienne氏は,最小残存病変(minimal residual disease;MRD)が検出されない深い分子遺伝学的完全奏効(deep MR)を2年以上維持したCML患者では,イマチニブ投与中止から5年以上経過しても約4割が無再発生存を得られたとするStop Imatinib(STIM)試験の最新解析結果を第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5〜8日,オーランド)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CMLのイマチニブ中止試験,5年後の無再発生存率は約4割に迫る