メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CMLのイマチニブ中止試験,5年後の無再発生存率は約4割に迫る

CMLのイマチニブ中止試験,5年後の無再発生存率は約4割に迫る

2015年12月16日 10:30

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 慢性骨髄性白血病(CML)患者では,チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)投与を中止しても長期生存が得られる可能性が現実味を帯びる中,フランス・Institut BergoniéのGabriel Etienne氏は,最小残存病変(minimal residual disease;MRD)が検出されない深い分子遺伝学的完全奏効(deep MR)を2年以上維持したCML患者では,イマチニブ投与中止から5年以上経過しても約4割が無再発生存を得られたとするStop Imatinib(STIM)試験の最新解析結果を第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5〜8日,オーランド)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CMLのイマチニブ中止試験,5年後の無再発生存率は約4割に迫る