メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ダビガトランに対する特異的 vs. 非特異的中和剤の出血減少効果を検討

ダビガトランに対する特異的 vs. 非特異的中和剤の出血減少効果を検討

~2件の外傷モデルで検討~

 2015年12月16日 15:30
プッシュ通知を受取る

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)ダビガトラン投与下の外傷性出血に対して,特異的中和剤idarucizumab(IDA)と非特異的中和剤であるプロトロンビン複合体製剤(PCC)では,どちらが出血を抑制しうるかー。ドイツ・RWTH Aachen University HospitalのMarkus Honickel氏らは,2件の多発外傷モデル実験において,両薬剤の有効性や止血メカニズムの違いについて検討し,第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5〜8日,オーランド)で結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ダビガトランに対する特異的 vs. 非特異的中和剤の出血減少効果を検討

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05038040 有効期限:5月末まで