メニューを開く 検索を開く ログイン

70歳以上はSERMで副作用が少ない

高齢乳がん患者のホルモン療法

 2015年12月16日 18:10
プッシュ通知を受取る

 高齢者の乳がんは近年日本でも急激に増加しており,治療によるQOL低下などの副作用が乳がんそのものの予後よりも深刻な懸念事項である。東邦大学(東京都)病理学講座准教授の本間尚子氏は,日本医科大学武蔵小杉病院乳腺外科教授の蒔田益次郎氏,がん研有明病院乳腺センターの岩瀬拓士氏らと共同で高齢乳がん患者におけるアロマターゼ阻害薬(AI)と選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)の副作用について,第74回日本癌学会学術総会(10月8〜10日,会長=名古屋医療センター院長・直江知樹氏)で発表し「QOLの面からは,70歳以上の高齢者ではSERMの方が好ましいかもしれない」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  70歳以上はSERMで副作用が少ない

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12038047 有効期限:12月末まで