メニューを開く 検索を開く ログイン

スギ花粉・HDの重複感作例ではスギ花粉症の発症率が低い

第54回日本鼻科学会

 2015年12月16日 08:00
プッシュ通知を受取る

 弘前大学耳鼻咽喉科の原隆太郎氏らは,弘前市岩木地区住民を対象に,通年性のアレルゲンであるハウスダストの感作と,スギ花粉の感作やスギ花粉症の発症に関する疫学調査の結果から,ハウスダスト感作はスギ花粉症の感作率の上昇に関与する一方,ハウスダストとスギ花粉の重複感作例ではスギ花粉症の発症率が低くなる可能性があるという意外な結果を,第54回日本鼻科学会総会・学術講演会(10月1〜3日,会長=広島大学大学院耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学教授・平川勝洋氏)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  スギ花粉・HDの重複感作例ではスギ花粉症の発症率が低い