メニューを開く 検索を開く ログイン

見落としてはいけない 低活動型せん妄

第77回日本臨床外科学会

 2015年12月17日 07:15
プッシュ通知を受取る

 術後せん妄は術後管理に影響を及ぼすとともに,医療スタッフの負担を増大させる。高齢者の術後合併症では最も頻度が高く,予防や早期介入などの対策が急がれている。国立長寿医療研究センター周術期診療部長の深田伸二氏らは,これまでに日本語版NEECHAM混乱・錯乱状態スケール(NEECHAM)および認知機能検査(MMSE)が,術後せん妄評価に有用であることを発表している。第77回日本臨床外科学会総会(11月26〜28日,総会会長=福岡大学消化器外科教授・山下裕一氏)で,同氏は術後せん妄の中でも低活動型の評価が難しいことを示す事例を紹介するとともに,術後せん妄を来しやすい認知症が見逃されている現状を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  見落としてはいけない 低活動型せん妄

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12038011 有効期限:12月末まで