メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  小児 »  イクボスによる意識改革が外科の未来を変える

イクボスによる意識改革が外科の未来を変える

 2015年12月17日 07:10
プッシュ通知を受取る

 「イクボス」という言葉をご存じだろうか。「イクメン」から派生した言葉で,部下のワークライフバランス(WLB)に配慮する上司を意味する。若い世代の外科離れと女性医師の離脱を食い止めるためには,継続して働き続けられる環境の整備と彼らを支援するイクボスの役割が大きい。そこで,日本小児外科学会ではWLB検討委員会を設置し,外科医療の構造改革に取り組んでいる。その試みについて,同委員会の委員長を務める日本赤十字社医療センター(東京都)小児外科部長の中原さおり氏が,第77回日本臨床外科学会総会(11月26〜28日,総会会長=福岡大学消化器外科教授・山下裕一氏)で報告を行った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  小児 »  イクボスによる意識改革が外科の未来を変える

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08038014 有効期限:8月末まで