メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

CRPが腹腔鏡下胃切除後の重篤な合併症の予測因子に

臨床外科学会

 2015年12月17日 07:00
プッシュ通知を受取る

 「胃癌治療ガイドライン第4版」で臨床病期ステージ1の胃がんに対し腹腔鏡下幽門側胃切除術が選択肢となり,今後さらに腹腔鏡手術が増加すると考えられる。一方,腹腔鏡下でも胃がん手術において膵液漏は重篤な合併症の1つである。鳥取大学病態制御外科の松永知之氏らは,腹腔鏡下胃がん切除術症例を対象に,膵液漏合併の予測因子を検討した結果,術後3日目のCRPが予測因子となりうることを,第77回日本臨床外科学会総会(11月26~28日,総会会長=福岡大学消化器外科教授・山下裕一氏)を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CRPが腹腔鏡下胃切除後の重篤な合併症の予測因子に