メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  IRd療法が再発・難治性の多発性骨髄腫の標準治療に?

IRd療法が再発・難治性の多発性骨髄腫の標準治療に?

無増悪生存期間が6カ月有意に延長

 2015年12月17日 10:30
プッシュ通知を受取る

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 再発・難治性の多発性骨髄腫に対するレナリドミド+デキサメタゾン(Rd療法)に経口プロテアソーム阻害薬ixazomibを追加したIRd療法の有効性と安全性を検討したTOURMALINE-MM1試験の中間解析の結果,ixazomibの併用により無増悪生存期間(PFS)がプラセボ併用に比べて約6カ月,有意に延長したことが確認され,IRd療法が再発・難治性の多発性骨髄腫における標準治療となる可能性が示された。フランス・University of NantesのPhilippe Moreau氏が,第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5〜8日,オーランド)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  IRd療法が再発・難治性の多発性骨髄腫の標準治療に?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08038037 有効期限:8月末まで