メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  再発多発性骨髄腫へのRd療法

再発多発性骨髄腫へのRd療法

carfilzomib追加併用でハイリスク患者でも良好なPFS

2015年12月17日 15:30

1名の医師が参考になったと回答 

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 再発多発性骨髄腫に対するレナリドミド+デキサメタゾン(Rd療法)にプロテアソーム阻害薬carfilzomibを追加併用するKRd療法により無増悪生存期間(PFS)の有意な延長効果を示したASPIRE試験。同試験のサブ解析では,carfilzomibの追加によりハイリスク患者でも良好なPFSが得られたとして,フランス・Centre de Recherche en Cancérologie de Toulouse Institut National de la SantéのHervé Avet-Loiseau氏が第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5~8日,オーランド)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  再発多発性骨髄腫へのRd療法