メニューを開く 検索 ログイン

ドナー由来白血病・リンパ腫のリスク因子は臍帯血と高齢ドナーか

2015年12月18日 10:30

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 ドナー細胞由来白血病・リンパ腫(DCL)は,同種造血幹細胞移植(SCT)後にまれに見られる合併症である。日本造血細胞移植データセンター(JDCHCT)の約4万件の登録データを用いてDCLのリスク因子の同定を試みた東京大学および国立成育医療研究センターの加藤元博氏は,臍帯血およびドナーの年齢(高齢)がDCLのリスク因子である可能性を示唆する解析結果を第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5~8日,オーランド)において報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ドナー由来白血病・リンパ腫のリスク因子は臍帯血と高齢ドナーか