メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ダビガトラン特異的中和剤idarucizumab,臨床導入時の課題とは?

ダビガトラン特異的中和剤idarucizumab,臨床導入時の課題とは?

2015年12月18日 15:30

2名の医師が参考になったと回答 

米国血液学会学術集会2015(ASH2015)

顔写真 非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)の作用を中和させる薬剤の開発が進められる中,今年(2015年)10月に米国でいち早く承認されたダビガトランの特異的中和剤idarucizumab(関連記事)。同薬の最新知見や臨床導入に際する課題が,第57回米国血液学会年次集会(ASH2015,12月5〜8日,オーランド)において,米・Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical SchoolのKenneth Bauer氏から報告された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ダビガトラン特異的中和剤idarucizumab,臨床導入時の課題とは?