メニューを開く 検索を開く ログイン

企業内の個別面談介入が勤労者の腰痛改善に有効

 2015年12月18日 12:00
プッシュ通知を受取る

 わが国における腰痛の有訴率は高いが,医療機関で診療・加療を受けていない有訴者が多い。また,勤労者の健康増進,疾病予防に対しては産業保健的アプローチが行われるが,わが国では企業内で医療従事者が定期的介入を行う事例は少ない。愛知医科大学運動療育センターの下和弘氏らは,企業における個別面談アプローチは勤労者の腰痛改善に効果があることを第23回日本腰痛学会(11月14~15日,会長=千葉労災病院副院長・山縣正庸氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  企業内の個別面談介入が勤労者の腰痛改善に有効