メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  企業内の個別面談介入が勤労者の腰痛改善に有効

企業内の個別面談介入が勤労者の腰痛改善に有効

2015年12月18日 12:00

1名の医師が参考になったと回答 

 わが国における腰痛の有訴率は高いが,医療機関で診療・加療を受けていない有訴者が多い。また,勤労者の健康増進,疾病予防に対しては産業保健的アプローチが行われるが,わが国では企業内で医療従事者が定期的介入を行う事例は少ない。愛知医科大学運動療育センターの下和弘氏らは,企業における個別面談アプローチは勤労者の腰痛改善に効果があることを第23回日本腰痛学会(11月14~15日,会長=千葉労災病院副院長・山縣正庸氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  企業内の個別面談介入が勤労者の腰痛改善に有効