メニューを開く 検索を開く ログイン

スギ花粉症・舌下免疫療法1年目の成績は良好

血清ペリオスチン値が有望な予測マーカー

 2015年12月18日 08:00
プッシュ通知を受取る

 スギ花粉症に対する舌下免疫療法(SLIT)が臨床導入されて1年がたつ中,SLIT1年目の有効性と安全性が注目されている。関西医科大学香里病院耳鼻咽喉科診療部長の濱田聡子氏らは,2015年のスギ・ヒノキ花粉の飛散シーズンにおけるSLITの実臨床経過を検討した結果から,大半の症例が軽症かつ副反応は軽微でSLITの継続が可能であったこと,さらに予測マーカーとして血清ペリオスチン値が有望であることを,第54回日本鼻科学会総会・学術講演会(10月1〜3日,会長=広島大学大学院耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学教授・平川勝洋氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  スギ花粉症・舌下免疫療法1年目の成績は良好