メニューを開く 検索 ログイン

後期高齢者への糖尿病薬物療法の最新指針が明らかに

「高齢者の安全な薬物療法GL2015」ついに発刊

2015年12月18日 17:20

 今年(2015年)4月,10年ぶりに改訂ドラフト案を公表し,8学会を含む約160件のパブリックコメントが寄せられた「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(発行:日本老年医学会)がついに発刊される。昨日(12月17日),同学会(理事長=楽木宏実氏,大阪大学老年・総合内科学教授)がプレスセミナーを開催。GL研究代表者の秋下雅弘氏(同学会副理事長・東京大学加齢医学教授)が改訂の背景などを解説した。改訂GLには,SGLT2阻害薬エンパグリフロジンによる心血管予後の改善を示して大きな話題となったEMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015; 373: 2117-2128)に対する見解を含め,高齢者の糖尿病薬物療法に対する最新の指針も盛り込まれている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  後期高齢者への糖尿病薬物療法の最新指針が明らかに