メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる

選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる

新生児期以降の長期的影響を調査

 2015年12月21日 07:05
プッシュ通知を受取る

 英・University of AberdeenのMairead Black氏らは,スコットランドの出産データ約32万件を基に選択的帝王切開分娩と児の健康障害または死亡リスクの関連を検討した結果,非選択的帝王切開分娩と比べ1型糖尿病リスクの上昇が,経腟分娩と比べ重度喘息と死亡リスクの上昇がそれぞれ認められたとJAMA2015; 314: 2271-2279)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038031 有効期限:6月末まで