メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる

選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる

新生児期以降の長期的影響を調査

2015年12月21日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

 英・University of AberdeenのMairead Black氏らは,スコットランドの出産データ約32万件を基に選択的帝王切開分娩と児の健康障害または死亡リスクの関連を検討した結果,非選択的帝王切開分娩と比べ1型糖尿病リスクの上昇が,経腟分娩と比べ重度喘息と死亡リスクの上昇がそれぞれ認められたとJAMA2015; 314: 2271-2279)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  選択的帝王切開は出生児の死亡リスクなどを上昇させる