メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  5. 薬物動態の変化を伴う薬物相互作用 作成者プロフィール

5. 薬物動態の変化を伴う薬物相互作用 作成者プロフィール

 2015年12月21日 15:00

本記事は薬剤師向け情報誌「PharmaTribune」に掲載されたものになります。

杉山雄一(Yuichi Sugiyama)

独立行政法人理化学研究所 イノベーション推進センター
杉山特別研究室 特別招聘研究員
1947年 高知県生まれ
1971年 東京大学薬学部卒業後,同大学院に進学
1974年に教務職員,その後,助手
1978年 米国UCLAに留学
以後,東京大学薬学部にて助教授を経て,1991年に教授に就任
2012年3月に定年退官
2012年4月より現職
趣味は読書(乱読),ラップを聞くこと,ゴルフ(下手;105前後),スポーツ観戦(狂のつくジャイアンツファン)
信条:I am OK and you are OK.(自分も他者も肯定すること。あるがままの自分でいること)
好きなタレント,スポーツ選手:蒼井優,杉野希妃,西尾由佳理,赤江珠緒,浅田真央

鈴木洋史(Hiroshi Suzuki)

東京大学医学部附属病院教授 薬剤部長
1961年 東京都生まれ
1984年 東京大学薬学部卒業後,同大学院に進学
以後,同助手,助教授,医学部附属病院助教授を経て,2004年より現職
所属学会:日本薬学会,日本医療薬学会,日本薬物動態学会,日本TDM学会など
趣味はクラシック音楽・オペラ鑑賞,絵画鑑賞,写真,中東欧の近現代史,文房具集めなど

樋坂章博( Akihiro Hisaka)

千葉大学大学院薬学研究院 臨床薬理学研究室 教授
1959年 北海道生まれ
1982年 北海道大学薬学部卒業後,同大学院にて薬化学を専攻
1984 ~ 2005年 万有製薬株式会社にて薬物動態研究に携わる
1999年 東京大学薬学部より学位授与
2005年 東京大学医学部附属病院薬剤部講師
2007年 東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 薬理動態学講座 特任准教授
2012年12月より理化学研究所杉山特別研究室 特別主管研究員を兼務
2014年 千葉大学大学院薬学研究院 高齢者薬剤学研究室 教授
2015年4月より現職
所属学会:薬学会,薬物動態学会,日本臨床薬理学会,国際薬物動態学会など
専門分野:薬物速度論,薬物間相互作用,臨床薬理学,臨床薬学
薬物速度論解析プログラムNappについては,以下を参照ください
http://square.umin.ac.jp/todaiyak/download.htm
趣味はコンピュータープログラミング,音楽(へたのよこずきなピアノ,なんでも棒にふる合唱指揮)

大野能之(Yoshiyuki Ohno)

東京大学医学部附属病院薬剤部 助教 副薬剤部長
1974年 大阪府生まれ
1997年 東京薬科大学薬学部卒業後, 東京大学医学部附属病院薬剤部研修生
1998 ~ 99年 帝京大学医学部附属市原病院薬剤部
2000年 東京大学医学部附属病院薬剤部
2005年 同薬品情報主任
2009年 同助教
2015年より現職
趣味は海釣りだったが,最近は子供と遊ぶこと。ニックネームは"歩く添付文書"

前田和哉(Kazuya Maeda)

東京大学大学院薬学系研究科 分子薬物動態学教室 講師
1977年 兵庫県生まれ
1999年 東京大学薬学部を卒業後,同大学院修士課程に進学
2001年 同修士課程を修了し,博士課程に進学
2002年 博士課程を退学し,東京大学大学院薬学系研究科の寄附講座教員に着任
以後,助手(2003 ~ 2006年),助教(2007 ~ 2012年)を経て,2012年10月より現職
趣味はボウリング(ふらーっと一人で15ゲームとか),合唱・カラオケなど歌うこと全般(年数回はステージにのってます),作曲(依頼うけます!),資格取得(手当たり次第?)

[PharmaTribune 2015年4月号掲載]

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  2. 2

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  3. 3

    重症産後うつ病に有望な注射薬は?

  4. 4

    切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

  5. 5

    糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

  6. 6

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  7. 7

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  8. 8

    厳格降圧で左室肥大の発症抑制、退縮促進

  9. 9

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  10. 10

    毎月、ネットショッピングで利用する金額は?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  4. 4

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  5. 薬物動態の変化を伴う薬物相互作用 作成者プロフィール

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08038136有効期限:8月末まで