メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  慢性疾患患者の不眠ではうつ病などの合併を念頭に

慢性疾患患者の不眠ではうつ病などの合併を念頭に

第20回日本心療内科学会総会・学術大会

 2015年12月22日 16:00
プッシュ通知を受取る

 近年,慢性疾患患者において,不眠が心身に大きな影響を及ぼすことが注目されている。恵仁会三愛病院(盛岡市)内科の水野紹夫氏は,慢性腎臓病患者が重度の不眠によりQOL障害を来した症例(同氏は主治医である透析医および心療内科医として関与)を示し,慢性疾患患者の不眠については身体的疾患と精神的疾患を念頭に置く必要があることを第20回日本心療内科学会総会・学術大会(11月21~22日,会長=盛岡友愛病院副院長・心療内科部長・千葉太郎氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  慢性疾患患者の不眠ではうつ病などの合併を念頭に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12038110 有効期限:12月末まで