メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性疾患患者の不眠ではうつ病などの合併を念頭に

第20回日本心療内科学会総会・学術大会

 2015年12月22日 16:00
プッシュ通知を受取る

 近年,慢性疾患患者において,不眠が心身に大きな影響を及ぼすことが注目されている。恵仁会三愛病院(盛岡市)内科の水野紹夫氏は,慢性腎臓病患者が重度の不眠によりQOL障害を来した症例(同氏は主治医である透析医および心療内科医として関与)を示し,慢性疾患患者の不眠については身体的疾患と精神的疾患を念頭に置く必要があることを第20回日本心療内科学会総会・学術大会(11月21~22日,会長=盛岡友愛病院副院長・心療内科部長・千葉太郎氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  慢性疾患患者の不眠ではうつ病などの合併を念頭に

error in template: found but mtif was expected