メニューを開く 検索 ログイン

早老症Hutchinson-Gilford Progeria症候群の診断基準案を作成

2015年12月24日 07:00

佐藤氏 早老症の一種であるHutchinson-Gilford Progeria症候群(HGPS)は,全世界で約150例が報告されているが,明確な診断基準は策定されていない。大分大学小児科の佐藤奈々江氏らは,わが国における症例の臨床的特徴からHGPS診断基準(案)を作成。「HGPSの早期診断により,治療法や合併症予防のための新たな研究の展開が望まれる」と述べている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  早老症Hutchinson-Gilford Progeria症候群の診断基準案を作成

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで