メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫,抗VEGF薬の治療成績を検証

第54回日本網膜硝子体学会・第32回日本眼循環学会合同シンポ

 2015年12月24日 17:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)に伴う黄斑浮腫に対して,抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬は第一選択の治療として定着している。三重大学眼科教授の近藤峰生氏は,同大学病院での実臨床のデータ(後ろ向き調査)からBRVOの黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の治療成績を報告。「BRVOの黄斑浮腫症例のうち,抗VEGF薬治療により浮腫が消失したのは約半数であり,残りは注射の継続,他治療への切り替え,あるいは治療中断であった」と,第54回日本網膜硝子体学会(12月4~6日,会長=国立成育医療研究センター眼科医長・東範行氏)・第32回日本眼循環学会(会長=滋賀医科大学眼科学教授・大路正人氏)合同学会のシンポジウム「網膜静脈閉塞症の病態と治療」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫,抗VEGF薬の治療成績を検証