メニューを開く 検索を開く ログイン

網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫にVEGFレセプター阻害薬が有効か

第54回日本網膜硝子体学会・第32回日本眼循環学会合同学会シンポ

 2015年12月24日 13:00
プッシュ通知を受取る

 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対しては,抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬が著効する。しかし,再発症例も少なくない頻度で存在する。東京医科大学八王子医療センター眼科准教授の野間英孝氏は,網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の再発に炎症病態がどのように関与するかを考察。「網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫では,さまざまな分子が炎症病態を呈している。特にVEGFレセプター(VEGFR)はVEGF以外の増殖因子や炎症関連分子と密接に関連している。抗VEGF薬に抵抗あるいは再発を繰り返す症例に対して,VEGFR阻害薬は有効となりうる」と,第54回日本網膜硝子体学会(会長=国立成育医療研究センター眼科医長・東範行氏)・第32回日本眼循環学会(会長=滋賀医科大学眼科学教授・大路正人氏)合同学会のシンポジウム「網膜静脈閉塞症の病態と治療」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫にVEGFレセプター阻害薬が有効か