メニューを開く 検索を開く ログイン

オーラルセックスの危険性,尿道炎既往のない患者では認識率が低い

日本性感染症学会第28回学術大会

 2015年12月24日 14:00
プッシュ通知を受取る

 無防備なオーラルセックスの普及が,性感染症の増加の一因となっているといわれている。名古屋泌尿器科病院院長の小島宗門氏はオーラルセックスの現状と危険性の認識率について考察し,「オーラルセックスの危険性の認識率は尿道炎の既往のない患者では53%と低く,認識率の向上が必要」と,日本性感染症学会第28回学術大会(12月5~6日,会長=帝京科学大学看護学科教授・齋藤益子氏)のシンポジウム「性感染症,一次医療機関での実際-事件は現場で起こっている-」で述べた。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

コロナ診療に従事する覚悟は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  オーラルセックスの危険性,尿道炎既往のない患者では認識率が低い