メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  乳がん化学療法におけるペグフィルグラスチム,治療強度増強目的での投与も推奨

乳がん化学療法におけるペグフィルグラスチム,治療強度増強目的での投与も推奨

G-CSF適正使用ガイドライン改訂のポイント

 2015年12月24日 11:00

 虎の門病院(東京都)臨床腫瘍科の高野利実氏は,ペグフィルグラスチムの導入によるG-CSF適正使用ガイドライン第1版から第2版への改訂のポイントについて,第53回日本癌治療学会学術集会(10月29〜31日,会長=京都大学座婦人科学産科学教授・小西郁生氏)の「G-CSF適正使用ガイドライン一部改訂にかかるコンセンサスミーティング」で解説し,「ペグフィルグラスチムの国内第Ⅲ相試験の結果や国内承認を受け,発熱性好中球減少症(FN)の予防や治療強度の増強を目的に,G-CSFをガイドラインの推奨どおり使用できるようになった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  乳がん化学療法におけるペグフィルグラスチム,治療強度増強目的での投与も推奨

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038117 有効期限:10月末まで