メニューを開く 検索を開く ログイン

「診療科別のコーヒー消費量」「40年で抄録の前向き表現が増加」「臨床試験でスタッフに出産ラッシュ?」

BMJクリスマス特集

 2015年12月25日 17:00
プッシュ通知を受取る

 今年も12月初めより連日掲載されているBMJクリスマス特集から,厳選(?)した話題を紹介する。診療科などの属性によって勤務中のコーヒー消費量に差はあるのか,この40年の全ての科学論文を対象とした後ろ向き解析により「強固な(robust)」「革新的(innovative)」といった前向きな表現の使用頻度がかなり増えていた,脳卒中超急性期のリハビリテーションの意義を検討した国際多施設共同大規模臨床試験AVERTの実施中に起きた,思わぬスタッフの出産ラッシュに伴う影響を検討した"AVERT2"―の3報。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  「診療科別のコーヒー消費量」「40年で抄録の前向き表現が増加」「臨床試験でスタッフに出産ラッシュ?」