メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  若年の性感染症患者の再発防止策は?

若年の性感染症患者の再発防止策は?

日本性感染症学会第28回学術大会

 2016年01月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

 最近では性行動の開始が低年齢化しており,10歳代の性感染症の増加が懸念されている。宮本町中央診療所(神奈川県川崎市)で長年性感染症の診療に携わってきた尾上泰彦氏は若年者の性感染症患者を対象とした再発防止策を検討。「患者のパートナーを積極的に受診させるための説明・指導が最も重要」と,日本性感染症学会第28回学術大会(会長=帝京科学大学看護学科教授・齋藤益子氏)のシンポジウム「性感染症,一次医療機関での実際-事件は現場で起こっている-」で強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  若年の性感染症患者の再発防止策は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09038101 有効期限:9月末まで