メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オゾン水による洗浄で陰部の臭いが3割低減

オゾン水による洗浄で陰部の臭いが3割低減

臭いの低下は女性で特に顕著

 2016年01月04日 07:15
プッシュ通知を受取る

上村晋一氏  おむつを使用している寝たきりの患者では,排泄物や分泌物などによる陰部の汚染が尿路感染症リスクの増大や悪臭の発生につながることから,ベッドでの陰部洗浄が重要な看護ケアの1つとなっている。順幸会阿蘇立野病院(阿蘇郡)院長の上村晋一氏は,オゾン水を用いた陰部洗浄で臭いが有意に減少したと,第19回日本統合医療学会(12月12〜13日,大会長=水生会柴田病院理事長・柴田眼治氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オゾン水による洗浄で陰部の臭いが3割低減

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07038135 有効期限:7月末まで