メニューを開く 検索を開く ログイン

キードラッグ2剤に対する耐性HIVが2012年以降毎年検出

第29回日本エイズ学会学術集会・総会

 2016年01月05日 07:15
プッシュ通知を受取る

 抗HIV薬の開発に伴い,薬剤耐性HIVによる治療失敗例は減少傾向にある。その一方で近年,薬剤耐性HIVの新たな感染伝播が危惧されている。国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター感染・免疫研究部の岡崎玲子氏は,日本の新規HIV/エイズ診断症例における薬剤耐性HIVの動向を解析した結果,2012年以降,キードラッグ2剤に対する耐性ウイルスが少数ではあるが毎年検出されていると第29回日本エイズ学会学術集会・総会(2015年11月30日~12月1日,会長=国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センターセンター長・岡慎一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  キードラッグ2剤に対する耐性HIVが2012年以降毎年検出