メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  新たな抗血小板薬で成果,可逆的作用で低出血リスク

新たな抗血小板薬で成果,可逆的作用で低出血リスク

 2016年01月05日 07:05
プッシュ通知を受取る

 米・Tufts Medical CenterのAthan Kuliopulos氏らは,プロテアーゼ活性化型受容体(PAR)1を標的とする新たな作用機序の抗血小板薬pepducin(PZ-128)を初めてヒトに投与した臨床研究で有望な結果が得られたとArterioscler Thromb Vasc Biol2016; 36: 189-197)で報告した。pepducinは,その作用が可逆的である点において独特であり,急性期インターベンション時に血栓予防効果を迅速に発揮するが,過剰出血リスクを来さない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  新たな抗血小板薬で成果,可逆的作用で低出血リスク

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038112 有効期限:10月末まで