メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  実施率低い術前腸管処理,併用療法なら創感染率は「0%」

実施率低い術前腸管処理,併用療法なら創感染率は「0%」

第45回日本創傷治癒学会

 2016年01月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

一万田氏 わが国では大腸がん手術の術前腸管処置として術前経口抗生物質投与(Oral Antibiotics Bowel Preparation;OABP)が行われることは少ない現状にあるが,カナマイシン(KM)とメトロニダゾール(MNZ)を併用投与することにより創感染発生率が低下するとの成績を,大分大学消化器・小児外科学の一万田充洋氏が第45回日本創傷治癒学会(2015年11月30日〜12月1日,会長=東邦大学大学院先端医科学研究センター組織修復・病態制御学部門教授・赤坂喜清氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  実施率低い術前腸管処理,併用療法なら創感染率は「0%」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038140 有効期限:10月末まで