メニューを開く 検索

「創傷治癒コンセンサスドキュメント」が近く発刊

第45回日本創傷治癒学会

2016年01月06日 07:10

中村氏 日本創傷治癒学会では現在,各臓器手術における消毒・切開から閉創・術後管理までの現状をまとめ,特に重要な項目について,ガイドラインに準じた指針となる「創傷治癒コンセンサスドキュメント」の作成を進めている。第45回日本創傷治癒学会(2015年11月30日〜12月1日,会長=東邦大学大学院先端医科学研究センター組織修復・病態制御学部門教授・赤坂喜清氏)の会期前日に開催された「創傷治癒コンセンサスセミナー」では,2016年4月の発刊に向けて,骨子が固まりつつあるステートメントが一部紹介された。より良い創傷治癒実現のため,客観的なデータがない内容も盛り込むなど,一般的なガイドラインとは一線を画した内容になりそうだ。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「創傷治癒コンセンサスドキュメント」が近く発刊