メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  10~20歳代の女性で梅毒が増加傾向

10~20歳代の女性で梅毒が増加傾向

日本性感染症学会第28回学術大会

 2016年01月06日 07:15
プッシュ通知を受取る

 わが国における梅毒の患者数はひところと比べて激減したが,2010年から報告数が増加傾向にある。この傾向は世界的なものであり,再興感染症の1つとして注目されている。日本性感染症学会第28回学術大会(2015年12月5〜6日,会長=帝京科学大学看護学科教授/東邦大学名誉教授・齋藤益子氏)の日本エイズ学会合同シンポジウム「梅毒を見直す」(司会=川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏,国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター臨床研究開発部長・菊池嘉氏)では,梅毒の疫学的状況や臨床における問題点について討議された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  10~20歳代の女性で梅毒が増加傾向

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038148 有効期限:10月末まで