メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  薬物相互作用GL,背景や設定根拠を理解した上で活用を

薬物相互作用GL,背景や設定根拠を理解した上で活用を

 2016年01月06日 11:39
プッシュ通知を受取る

 近年,薬物相互作用(DDI)を考慮した医薬品開発に関する指針づくりが世界的に進んでいる。わが国では2014年7月に「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン(最終案)」が公表された。その特徴や活用法への理解を深めてもらおうと,第36回日本臨床薬理学会学術総会(2015年12月9〜11日,会長=明治薬科大学薬物治療学教授・越前宏俊氏)で,シンポジウム「薬物間相互作用ガイドラインの正しい理解と活用」が開かれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  薬物相互作用GL,背景や設定根拠を理解した上で活用を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12038171 有効期限:12月末まで