メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  インフルエンザワクチンが高齢者に効きにくい理由

インフルエンザワクチンが高齢者に効きにくい理由

 2016年01月07日 07:20
プッシュ通知を受取る

 高齢者ではインフルエンザワクチンの効果が若者より低いと報告されており,その原因として抗体産生細胞の機能低下をはじめとする免疫老化が指摘されているが,複数のインフルエンザシーズンを対象とした分子レベルでの研究は少ない。そこで,ブラジル・University of São Paulo薬学部のHelder I. Nakaya氏らは,2007〜11年の5つのインフルエンザシーズンを対象として,季節性インフルエンザ3価ワクチンの投与を受けた212例の血液サンプルを解析。既報(Franco 2013)における218例のデータと合わせて検討した結果,「高齢者ではベースライン時における単球の増加,炎症関連の分子署名が抗体応答の減弱と関連していることが示された」とImmunity2015; 43: 1186-1198)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  インフルエンザワクチンが高齢者に効きにくい理由

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038144 有効期限:10月末まで