メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  処方過程の振り返りが減薬につながる

処方過程の振り返りが減薬につながる

高齢者のポリファーマシーへの対応

 2016年01月08日 07:15
プッシュ通知を受取る

 高齢者医療でしばしば問題となるポリファーマシー(多剤併用処方)に対し,処方過程とポリファーマシーによる有害事象をどのように評価し,減薬すればよいのか。筑波大学医学医療系・同大学病院医療連携患者相談センター部長の浜野淳氏は,症例を踏まえ,処方過程を振り返り,処方の理由を探ることが重要だと,第36回日本臨床薬理学会学術総会(2015年12月9~11日,会長=明治薬科大学薬物治療学教授・越前宏俊氏)のシンポジウム「Polypharmacyへの多方面からの関わりと改善について―プライマリケア医と臨床薬理学による改善に向けて―」で訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  処方過程の振り返りが減薬につながる

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038162 有効期限:6月末まで