メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

第28回日本外科感染症学会総会学術集会

 2016年01月11日 07:00

 1999年に米疾病対策センター(CDC)が手術部位感染(SSI)予防のガイドライン(GL)を公表して以来,対策が大きく変化したが,その後は画期的なSSI予防策は出現していないという。第28回日本外科感染症学会総会学術集会(2015年12月2~3日,会長=名古屋市立大学大学院消化器外科学教授・竹山廣光氏)では,公表予定のCDCの改訂GLのドラフト,これまで推奨されてきたSSI予防策を踏まえて,自施設で実践する対策を振り返る場として,教育委員会企画プログラム「SSI予防と治療の今」が持たれ,提示されたSSI予防策に対して参加者がアンサーパッド形式で回答するなど活発な意見交換がなされた。SSI予防策の中から,①血糖のコントロール②手術時の皮膚の消毒③創洗浄は水道水もしくは消毒薬か④周術期における禁煙-について討議の内容をレポートする。

(編集室より:「続きを読む」をクリックするとセッションの一部を動画で閲覧できます)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038186 有効期限:10月末まで