メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

第28回日本外科感染症学会総会学術集会

 2016年01月11日 07:00

 1999年に米疾病対策センター(CDC)が手術部位感染(SSI)予防のガイドライン(GL)を公表して以来,対策が大きく変化したが,その後は画期的なSSI予防策は出現していないという。第28回日本外科感染症学会総会学術集会(2015年12月2~3日,会長=名古屋市立大学大学院消化器外科学教授・竹山廣光氏)では,公表予定のCDCの改訂GLのドラフト,これまで推奨されてきたSSI予防策を踏まえて,自施設で実践する対策を振り返る場として,教育委員会企画プログラム「SSI予防と治療の今」が持たれ,提示されたSSI予防策に対して参加者がアンサーパッド形式で回答するなど活発な意見交換がなされた。SSI予防策の中から,①血糖のコントロール②手術時の皮膚の消毒③創洗浄は水道水もしくは消毒薬か④周術期における禁煙-について討議の内容をレポートする。

(編集室より:「続きを読む」をクリックするとセッションの一部を動画で閲覧できます)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  2. 2

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  3. 3

    90年以降、都道府県の平均寿命の格差が拡大

  4. 4

    制吐療法に新たな推奨、ASCOガイドライン

  5. 5

    実は低かったサルコイドーシスの寛解率

  6. 6

    真夏の夜の夢

  7. 7

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  8. 8

    毎月、ネットショッピングで利用する金額は?

  9. 9

    中年期の血管リスクが認知症リスクを増大

  10. 10

    分娩時の羊水内感染症管理に抗菌薬を推奨

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  3. 3

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  6. 6

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  7. 7

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  8. 8

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  9. 9

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  10. 10

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  CDCの手術部位感染予防GLドラフトと日本の実臨床を比較

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08038186有効期限:8月末まで