メニューを開く 検索を開く ログイン

高次脳機能障害者にとってスマホ操作が難しい原因とは?

 2016年01月13日 07:05
プッシュ通知を受取る

 電子機器操作の特徴である同時・並列的処理には頭頂-後頭葉領域の視空間認知機能の関与が少なくない可能性が示唆された。左頭頂葉病変・機能低下とそれに伴う電子機器の操作困難が認められる失行では説明がつかない視空間認知障害を電子機器操作において呈した症例を検討した結果を上ヶ原病院(兵庫県)リハビリテーション科の砂川耕作氏らが第39回日本高次脳機能障害学会学術総会(2015年12月10~11日,会長代行=慶應義塾大学精神・神経科学教室教授・三村將氏)のシンポジウム「電子機器のリハビリテーション」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月の米大統領選、トランプ氏に挑む民主党候補者は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高次脳機能障害者にとってスマホ操作が難しい原因とは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02038191 有効期限:2月末まで