メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  転移ある前立腺がんの治療法で有害事象が少ないのはどっち?

転移ある前立腺がんの治療法で有害事象が少ないのはどっち?

 2016年01月14日 07:00
プッシュ通知を受取る

 米・Brigham and Women's HospitalおよびDana-Farber Cancer InstituteのQuoc-Dien Trinh氏らは,転移のある前立腺がんに対するアンドロゲン遮断療法(ADT)としてのGnRHアゴニスト(GnRHa)投与と両側精巣摘出術で有害事象を比較するコホート研究を実施。前者で骨折,末梢動脈疾患(PAD),心関連合併症リスクが高いことが示されたとJAMA Oncol2015年12月23日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  転移ある前立腺がんの治療法で有害事象が少ないのはどっち?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038184 有効期限:6月末まで