メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

肺動脈性肺高血圧症の新規経口薬で有望な結果

 2016年01月14日 07:05
プッシュ通知を受取る

 スイス・Actelion Pharmaceuticals社は2014年6月に,肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対する新規経口治療薬selexipagの第Ⅲ相試験GRIPHONの結果に関する初回報告を行ったが,このほど米・University of Michigan Pulmonary Hypertension ProgramのVallerie V. McLaughlin氏らが本解析結果をN Engl J Med2015; 373: 2522-2533)に発表した。それによると,同薬群で,プラセボ群と比べ主要評価項目(全死亡+PAHに関連した合併症)発生率が40%有意に低下した。

Prostacyclin(PGI2) Receptor Agonist In Pulmonary Arterial Hypertension

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  肺動脈性肺高血圧症の新規経口薬で有望な結果