メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ロボット腹腔鏡下手術に"ERAS"導入で外科介入必要なイレウスをなしに

ロボット腹腔鏡下手術に"ERAS"導入で外科介入必要なイレウスをなしに

第28回日本内視鏡外科学会総会

 2016年01月15日 15:15
プッシュ通知を受取る

 関西医科大学腎泌尿器外科学講師の杉素彦氏らは,ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘術(RALP)の際,術前消化管処置の簡略化,経口補水療法・術中輸液制限によるERAS(Enhanced recovery after surgery)を導入し,安全かつ従来の管理法と遜色のない周術期成績が認められていることを,第28回日本内視鏡外科学会(12月10日~12日,会長=関西医科大学腎泌尿器外科教授・松田公志氏)のパネルディスカッション「内視鏡手術におけるERASの効用」で明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ロボット腹腔鏡下手術に"ERAS"導入で外科介入必要なイレウスをなしに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038212 有効期限:10月末まで