メニューを開く 検索を開く ログイン

ロボット腹腔鏡下手術に"ERAS"導入で外科介入必要なイレウスをなしに

第28回日本内視鏡外科学会総会

 2016年01月15日 15:15
プッシュ通知を受取る

 関西医科大学腎泌尿器外科学講師の杉素彦氏らは,ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘術(RALP)の際,術前消化管処置の簡略化,経口補水療法・術中輸液制限によるERAS(Enhanced recovery after surgery)を導入し,安全かつ従来の管理法と遜色のない周術期成績が認められていることを,第28回日本内視鏡外科学会(12月10日~12日,会長=関西医科大学腎泌尿器外科教授・松田公志氏)のパネルディスカッション「内視鏡手術におけるERASの効用」で明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ロボット腹腔鏡下手術に"ERAS"導入で外科介入必要なイレウスをなしに