メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

PPIがCKD発症の引き金?―1万人コホート研究が示唆

 2016年01月15日 07:00
プッシュ通知を受取る

 米・Johns Hopkins UniversityのMorgan E. Grams氏らは,約1万人を対象としたコホート研究の結果,プロトンポンプ阻害薬(PPI)使用と慢性腎臓病(CKD)発症リスク上昇との有意な関連が認められたとJAMA Intern Med2016年1月11日オンライン版)で報告した。両者の関連は各種因子で補正後も維持され,1日1回服用より1日2回服用でCKDリスクはさらに上昇した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  PPIがCKD発症の引き金?―1万人コホート研究が示唆