メニューを開く 検索 ログイン

"前頭側頭葉変性症"の臨床サブタイプが難病に指定

2016年01月18日 11:45

 前頭葉,側頭葉前方部を中心に神経変性を来す前頭側頭葉変性症(FTLD)の臨床サブタイプ,(行動異常型)前頭側頭型認知症(bvFTD)と意味性認知症(SD)が2015年7月1日から新たに特定疾患(指定難病)に指定された。指定難病と診断され,症状の程度が重症度分類で3以上ならば大幅な医療費の助成が受けられるため,長期療養を必要とした患者にとって朗報となる。熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野教授の池田学氏が第39回日本高次脳機能障害学会学術総会(2015年12月10~11日,会長代行=慶應義塾大学精神・神経科学教室教授・三村將氏)のシンポジウム「前頭側頭葉変性症と紛らわしい病態」で報告した

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  "前頭側頭葉変性症"の臨床サブタイプが難病に指定

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで