メニューを開く 検索を開く ログイン

エボラ流行の終息宣言翌日にシエラレオネで新規患者が発生

WHO

 2016年01月18日 13:30
プッシュ通知を受取る

 1月14日,世界保健機関(WHO)が西アフリカ3カ国(ギニア,リベリア,シエラレオネ)におけるエボラウイルス感染症(EVD)の流行が終息したと発表した。しかし,その翌日15日にシエラレオネで新規患者が1例発生した。今回の流行で,回復患者や不顕性感染例の血中からウイルスが消失しても,体液などに長期間ウイルスが残存することが分かってきた。そのため,流行再燃が懸念されている。WHOは,今後数カ月はサーベイランス体制の維持が必要との見解を示している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  エボラ流行の終息宣言翌日にシエラレオネで新規患者が発生