メニューを開く 検索を開く ログイン

新規鎮痛薬のP1試験で脳死患者,17日に死亡

ポルトガルの開発企業が声明

 2016年01月18日 17:00
プッシュ通知を受取る

 フランスの大学病院で実施されていた慢性疼痛に対する新規治療薬の臨床第Ⅰ相試験に参加していた健康な男性が,被験薬の投与開始から間もなく脳死状態と診断されたことが1月15日に発表された。2日後の1月17日,この男性は死亡した。同薬を開発していたポルトガルのBial社が発表した。海外の報道によると同試験に参加した約100例のうち,今回の死亡例を含む被験薬群に割り付けられた28~49歳の男性6例が入院。今年1月初頭から数回にわたり被験薬の投与を受けていた。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  新規鎮痛薬のP1試験で脳死患者,17日に死亡