メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本人の糖質制限食のRCT,エネルギー摂取量が400kcal抑制

日本人の糖質制限食のRCT,エネルギー摂取量が400kcal抑制

2016年01月19日 07:00

4名の医師が参考になったと回答 

 栄養指導を繰り返してもエネルギー制限食の遵守が困難な糖尿病患者が存在する。そのため順天堂大学大学院代謝内分泌内科学准教授の金澤昭雄氏らは,そのような患者の次の一手として1日130gの糖質制限食を検討するランダム化比較試験(RCT)を実施。糖質制限食群では,1日当たりの総エネルギー摂取量を約400kcal抑制でき,エネルギー制限食群に比べて有意に低かった。少なくとも6カ月間は血清脂質などに影響は見られず,HbA1c値およびBMIが有意に低下したことを,第19回日本病態栄養学会年次学術集会(2016年1月9~10日,会長=女子栄養大学栄養学部教授・本田佳子氏)のパネルディスカッション「食べ方と血糖コントロール」で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本人の糖質制限食のRCT,エネルギー摂取量が400kcal抑制