メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬は多彩な好ましい代謝変化もたらす

SGLT2阻害薬は多彩な好ましい代謝変化もたらす

第19回日本病態栄養学会年次学術集会

 2016年01月19日 07:15
プッシュ通知を受取る

 SGLT2阻害薬は尿糖排泄作用により血糖を下げるが,それだけでなく肝臓での糖新生亢進や脂肪細胞での脂肪分解促進を介してインスリン抵抗性改善や肥満改善といった代謝変化ももたらす。第19回日本病態栄養学会年次学術集会(2016年1月9〜10日,会長=女子栄養大学栄養学部教授・本田佳子氏)のシンポジウム「生体のホメオスタシスと調節機能」で京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学教授の福井道明氏が尿糖排泄に伴う代謝変化について説明。さらに,食事からの糖質を制限する低炭水化物食と,摂取した糖を尿として出すSGLT2阻害薬は似ているのではと言われているが,その類似点・相違点に関する見解も示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

1/23は花粉対策の日。近年、花粉症患者が増加していると感じますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬は多彩な好ましい代謝変化もたらす

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01038238 有効期限:1月末まで