メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

色の濃い葉菜類の摂取で緑内障リスクが低下

 2016年01月20日 07:00
プッシュ通知を受取る

 一酸化窒素(NO)の前駆物質である硝酸塩や亜硝酸塩は,血液循環に有益なことが示唆されている。硝酸塩はホウレンソウをはじめとした葉菜類に多く含まれていることから,米・Brigham & Women's HospitalおよびHarvard Medical SchoolのJae H. Kang氏らは,40歳以上の10万人超を対象に,食事からの硝酸塩摂取量と原発性開放隅角緑内障(POAG)との関連を検討。その結果,食事性硝酸塩の摂取量の多さとPOAGリスク低下との間に有意な関連が認められたことをJAMA Ophthalmol2016年1月14日オンライン版)で報告した。

(iStock/Getty Images)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  色の濃い葉菜類の摂取で緑内障リスクが低下

error in template: found but mtif was expected