メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん患者の妊孕性温存に他科・他施設との連携

がん患者の妊孕性温存に他科・他施設との連携

 2016年01月21日 14:00
プッシュ通知を受取る

 がん患者の妊孕性温存(FP)を目的としたoncofertilityが生殖医療の一分野として確立されてきた。今後は,がん治療と生殖医療の専門家が連携してがん患者やがんサバイバーに対し,がん治療やoncofertilityについて正しく情報提供するためのネットワークの構築も課題となる。第33回日本受精着床学会総会・学術講演会(2015年11月26〜27日,会長=国際医療福祉大学病院リプロダクションセンター教授・柳田薫氏)のシンポジウム「Oncofertilityの現状:他科,他施設との連携の実際」では,わが国における生殖補助医療(ART)専門クリニック,大学病院でのoncofertilityとがん・生殖医療ネットワークについての報告がなされた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん患者の妊孕性温存に他科・他施設との連携

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038241 有効期限:10月末まで