メニューを開く 検索を開く ログイン

中南米のジカ熱流行で輸入例の情報提供を呼びかけ

厚生労働省

 2016年01月21日 17:45
プッシュ通知を受取る

 中南米を中心に蚊媒介感染症のジカ熱が流行している。この流行に関連して流行国の一部では約4カ月で胎児の小頭症の報告が3,530例に上っている(関連記事)。この他,ギラン・バレー症候群との関連も示唆されている。1月15日には米疾病対策センター(CDC)が流行地域への妊婦の渡航延期を勧告した。これを受け,1月21日厚生労働省は医療機関や各地域の保健所に,流行国からの輸入疑い例を受け入れた際の情報提供を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  中南米のジカ熱流行で輸入例の情報提供を呼びかけ